ホーム >
会員紹介 > 東洋園芸食品 株式会社

会員紹介

東洋園芸食品 株式会社

東洋園芸食品 株式会社 とうようえんげいしょくひん かぶしきかいしゃ

 高知県は古くから全国的な園芸野菜の供給県であるが、これを加工する産業は極めて低調であった。このため、農産加工業の創設と確立は、高知県園芸野菜の価格維持と供給調整による高知県園芸の発展のために、必要不可欠の重要課題でありました。
 このような観点から、高知県園芸農業協同組合連合会と東洋電化工業株式会社が相連携して、漬物および缶詰全般にいたる食品加工工場を建設し、本県農業の振興に貢献し、深く寄与せんとするものであります。
代表者 代表取締役社長 入交 英雄
住所 〒782-0018 香美郡土佐山田町戸板島470番地
TEL 0887-53-2111
FAX 0887-53-2110
E-mail
honsya@toyoengei.co.jp
ホームページ

特集ページ

  • 東洋園芸食品 株式会社

オススメ商品

東洋園芸食品 株式会社

土佐菜

 またの名を「しゃくし菜」とか「体菜(タイサイ)」といいます。
 高知県には、昔から各家庭でヌカに漬けて発酵させた土佐菜を軽く水洗いしまして、かつお節に少々のお醤油をたらしていただく習慣がありました。そんな高知の味をもっと身近に・・・食物繊維タップリ、飽食の時代に「ほっとする逸品」です。
 1年を通じて製造・販売しておりますが、原料の収穫時期が12月ですので、それからじっくりと漬け込みまして、新物が出回りますのが4月からです。
 
150g詰平袋入り・計量バラ量り売り販売100g販売
商品価格: ¥226~ (税込)
 
お客様の声
 高知大丸・東館地階・つけもの処・香蔵(弊社直営テナント店)にて販売をしております。現在では極めて少なく希少になりました、手間と時間とを惜しまず漬け込んだ菜っ葉の漬物ですので、老若男女を問わず、ひろくお客様にご愛顧をいただいております。特にご年配の方に人気です。

東洋園芸食品 株式会社

柚香醤油

 高知では、昔からゆずを搾って料理に使用することがごく普通に行われてきました。土佐の高知の代表料理である「かつおのタタキ」に使用するタレは、まさに高知の家庭の味。その中で、どこに出しても恥ずかしくない高知の味を・・・。そんな思いや情熱を込めて「柚香醤油」は生まれました。 
 ゆずは、高知県東部の山間地で古くから自生している天然木より収穫した物、醤油は、室戸海洋深層水を使用して仕込んだ生醤油を、通常は加熱や成分の調整をし、品質を安定させてから商品化、販売をいたしますが、柚香醤油に使用の醤油は、その工程前の絞った生醤油のまま使用(高知・大高醸造)しています。また、米酢は、昔ながらのやり方で、まず本物の日本酒を製造し、木樽に移し変えてじっくり時間をかけて発酵、熟成させた昔ながらの酢(野市町・みよし酢)を使用、だし用のかつおは、通常、かつお節製造時の3枚におろしてから使用しない骨付きの中落ちの部分を特別注文にて焙煎していただき、普通のかつお節ではまず出ない力強く濃いだしを取っています(土佐市宇佐町・吉野商店)。そのだしを取る水も、古くから近隣の人々や人づて、口コミで遠方の人々にも愛されてきました「御神水または地蔵水」(採水地・土佐山田町西後入)と呼ばれる水を採取し使用、とまさに徹底的に高知にこだわった商品です。
 
300m1瓶入(1本(手提袋)、2本入(化粧箱)、3本入(化粧箱))
商品価格: ¥1,296~ (税込)
お客様の声
 高知大丸・東館地階・つけもの処・香蔵(弊社直営テナント店)にて販売をしております。一般的なぽん酢醤油に比べて上記の様に高知や製法にこだわっておりまして高価ですが、お中元、お歳暮の時には特に県内より県外への進物、贈答用としてお客様にご愛顧いただいております。

スペース

会員企業一覧

ページのトップへ戻る